2021年度第1回 子どものオンブズにいがた講演会「不登校の子どもたちとの接し方を考える」(オンライン講演)

 全国には不登校を選択した多くの子どもたちがいます。みんな自分らしく生きていきたいとがんばっている子どもたちです。そんな子どもたちと向き合い、支えている西伸之さんから、不登校の子どもたちの現状をお聞きして、未来ある子どもたちが生き生きと生きていける社会にするために私たち大人がどう変わっていったらいいのか、皆さんと考えたいと思います。

講師

西 伸之さん(新潟県子どもの発達と不登校を考える会「アーベルの会」代表)

1957年、新潟市生まれ。金沢大学法文学部法学科卒業後、地元新潟に戻り中学校教員となる。1992年にアーベルの会(新潟県子どもの発達と不登校の会)を発足。当初からこの会の事務局を務め、現在は代表。子どもの教育についての講演なども多数、行っている。新潟大学教育学部非常勤講師。新潟県立新津南高等学校非常勤講師。

日時

2021年11月28日(日)
13:30~15:30(受付13時~)

参加費

無料

定員

会場参加者(10名)・オンライン参加者(20名)

お申し込み

以下をよくお読みになり、いづれかの方法でお申し込みください。
締め切りは11月10日です。

オンライン講演会申し込みについて

【講演形態】オンライン講演会になります。
(1)自宅等からZoomで参加できます。(定員20名先着順)
(2)講演会場の新潟市市民活動センターで、オンライン受講ができます。(定員10名先着順)
・新型コロナウィルス感染状況によっては会場でのオンライン受講ができなくなります。
その場合はご連絡をさしあげます。
・新型コロナウィルス感染拡大防止のため、マスクの着用をお願いします。また体調が悪い場合は参加を控えて頂くようお願いします。
【申し込み】
11月10日(水)までに申し込み願います。

(1)Zoom参加申し込み

①お名前、郵便番号、住所、電話番号を下記までメールしてください。
 事務局 Eメールアドレス:
  info@kodomo-onbuzu.org
②お申込み後5日以内に、事務局より受付完了メールを送ります。
③事務局info@kodomo-onbuzu.orgからのメールを受信できるように設定をお願いします。
④開催日前日までにZoom配信URLを送信いたします。
⑤開催当日の接続などの関するトラブルには対応しかねますので予めご了承ください。

(2)講演会場参加申し込み

①メールで申し込みする場合
・お名前、郵便番号、住所、電話番号を記載し、下記までメールしてください。
 事務局 Eメールアドレス:
  info@kodomo-onbuzu.org
②FAXで申し込みする場合
・下の必要事項を紙に記入して講演会場参加を申し込む旨をお書き添えになり、下記まで送信してください。
 FAX:
  025-525-5453

お名前
住所
電話番号
Eメールアドレス        

※ご記入いただいた個人情報につきましては、個人情報保護法に基づき当会の目的以外に使用いたしません。
※住所につきましては、マンション、アパート名号室まで記載ください、資料送付が必要となった際に活用させていただきます

「いじめって何ですか?」 ~いじめに対する大人の認識を考える~

NPO 法人子どものオンブズにいがたは、いじめのない学校や社会の実現を目指して様々な活動を行ってきました。しかし平成 29 年度県内のいじめ認知件数は17,513 件、自殺の件数も 10 名で平成 28 年度よりいずれも増加を示しています。
今回、小森美登里さんを迎え、子どもの人権をどのように守るのか、いじめのない学校や社会を作るために何が必要か、皆さんと一緒に考えてみませんか。
多くの皆さんの参加をお待ちしています。

2019年度第1回講演会

  • 日時
    2019年10月6日(日)
    13時30分~15時00分(受付 13時00分~)
  • 講師

    小森美登里さん
    NPO 法人ジェントルハートプロジェクト理事

  • 会場
    新潟市総合福祉会館4F(401号室)
    新潟市中央区八千代1-3-1
    電話 025(248)7161
  • 参加費
    500円(会員300円)中、高、大学生無料
  • 主催
    NPO法人子どものオンブズにいがた

 

↓↓↓ ご案内チラシPDFです ↓↓↓

2019年度第1回講演会チラシ

「私は元担任にいじめられていました」~自死した元テクノスクール生の遺族(母・姉)が語る、自殺に至る真相~

一昨年(2017年)7月、元新潟県立テクノスクール生が、卒業後5年を経過していながら「私は、担任にいじめられていました」との遺書を残して、自ら命を絶ちました。差別的な言動、見せしめ、軽蔑・嘲笑、体罰など、当時19歳の生徒にとっては耐え難いいじめの数々を受けていたことが同級生の証言でも明らかになっています。

この事件は、県内の新聞やテレビで大々的に報道され、全国ニュースにもなりました。必死になって真相を突き詰めようとしてきたご遺族の取組み、そして悲しみや怒りを皆さまと共有したいと考えています。是非、講演会にお越しください。


2018年度第2回講演会

  • 日時
    2019年3月24日(日)
    13時30分~16時00分(受付 13時00分~)
  • 講師
    元テクノスクール生ご遺族
  • 会場
    新潟市総合福祉会館4F(405号室)
    新潟市中央区八千代1-3-1
    電話 025(248)7161
  • 参加費
    500円(会員300円)中、高、大学生無料
  • 主催
    NPO法人子どものオンブズにいがた

 

↓↓↓ ご案内チラシPDFです ↓↓↓

2018年度第2回講演会チラシ

「子どもの命を守るために」 ~指導死の視点から~

子どもの豊かな成長をもたらすはずの学校・教師が、子どもを追いつめ、時として子どもの命を奪うことがあるのをご存じでしょうか?

新潟では、2012年に高田高校生(当時17歳)が部活の顧問の執拗な叱責が要因で命を絶ちました。昨年3月には、福井県池田町の中学生が、担任や副担任の厳しい叱責を苦に自殺しています。いずれも教師の指導が原因で、「指導死」に至った事件です。

今回の講演では、18年前に、中2の次男を「指導死」で亡くした、「指導死親の会」の共同代表を務める大貫隆志さんを講師にお招きし、皆さんと共に、子どもを追いつめ、死に至らしめる教師の指導から、子どもの命をどう守っていくのかを考えたいと思います。


2018年第1回講演会

  • 日時
    2018年9月16日(日)
    13時30分~16時00分(受付 13時00分~)
  • 講師
    大貫隆志さん
    (指導死 親の会 共同代表)
  • 会場
    新潟市総合福祉会館4F(408号室)
    新潟市中央区八千代1-3-1
    電話 025(248)7161
  • 参加費
    500円(会員300円)中、高、大学生無料
  • 主催
    NPO法人子どものオンブズにいがた

『いじめ事件発生とその後の対応についての問題点』 〜誰も救われない学校・教育委員会の対応〜

2017年度第2回講演会

昨年10月に新潟県教育委員会は、2016年度の県内小中高、特別支援校でのいじめ認知件数が9,935件で、前年度の3倍超に大幅に増加したと発表しました。
依然としていじめの被害で苦しむ事態が続いているのですが、2016年11月21日には、県立新潟工業高校1年生が「毎日が生き地獄」と遺書に書き残して、自ら命を絶ちました。生徒は学校に相談していたとのことです。いじめられた生徒は、何が原因で命を絶つまでに追いつめられたのか。学校は、どの様に対応したのか。なぜ、救えなかったのか。
講演会では、ご遺族の佐々木正さんに、わが子を突然にいじめで失った悲しみや悔しさとともに、学校・教育委員会の対応の問題点を語っていただきます。
命を奪っていくいじめをどう防ぐか、いじめられた生徒をどう救済するか、私たち大人に課せられた課題は少なくありません。ご遺族からの問いかけを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

佐々木正さんからのメッセージ

2016年11月21日、突然一人息子が命を自ら絶ってしまいました。息子は遺書を残し、そこからいじめを受けていたことを初めて知りました。…。

学校は事件発生直後、校長が「すべて私の責任です」と発言したにもかかわらず、1年以上経った今も何の処罰もなく、また自らとれる責任すらとらず、遺族に対して不誠実な対応を取り続けています。

全国で依然として多くのいじめの問題・事件が発生し、その対応で多くの子どもたち、その保護者の方たちが傷つけられています。各地で悩み苦しんでいる方々の証言などもお伝えしながら、問題点や解決策などを皆様とご一緒に考えていきたいと思います。

 

開催日時 2018年3月25日(日)午後1時30分から午後4時
(受付 午後1時から)

会 場  新潟市総合福祉会館4F(405号室)
新潟市中央区八千代1−3−1

講師 佐々木正さん

参加費 500円(会員300円) 学生無料

主催 NPO法人子どものオンブズにいがた