新潟市子ども条例の施行に思う

 今年(2022年)4月、新潟市子ども条例が施行されました。昨年 12 月に議員立法の形で市議会 に提出された法案で、全会派一致で可決、制定された条例です。新潟県では、上越市に次いで2番目と なります。 新潟市では、これに先立つこと10年ほど前に、子どもの権利条例の制定をめざした市民主体の検討 会を関係部局のもとに設置し、検討を行っていました。私も、この検討会に何度か参加したことがあり ます。新潟大学法学部教授(当時)を座長に、活発な議論を重ねながら、一応の素案をまとめ、関係部 局に提出して検討会は終了しました。その後、この素案をふまえて、新潟市がまとめあげた議会への提 出予定の法案は、残念ながら、見送られました。

 こうした経緯があるだけに、全会派一致で可決・制定されたことに、市議会の変容を感じるとともに、 この条例案をまとめたワーキンググループの議員さんたちの努力と健闘に称賛をお送りしたいと思いま す。制定された条例は、子どもの権利保障の重要性を痛感していた議員さんたちによって、一からつく りあげられたもので、先進自治体の条例などの研究を重ねて策定されたものです。ただ、失われた10 年を取り戻せるのか、それは今後の新潟市の取り組みにかかっているのではないでしょうか。

 子どもの権利に関する総合条例を制定している全国の自治体は、子どもの権利条約総合研究所のまと めによれば、2022年4月現在、61自治体です。公布の日付順では新潟市は54番目になります。 新潟市は「子ども条例」という名称ですが、内容的には「子どもの権利条例」で、素案に対する市民対 象の意見公募では、内容的に「子どもの権利条例」なのだから、名称を変更してはどうかという意見が 多数、寄せられていましたが、名称は変更になりませんでした。凍結された過去の素案のトラウマが 残っていたのかと思わざるを得ません。

 内容的にみると、新潟市の条例の特徴は、子どもの権利について、幅広く、かつ可能なかぎりわかり やすく、具体的に規定しているところです。
多くの条例は、国連「子どもの権利条約」(1994 年批准)に準じて、「生きる権利」「育つ権利」 「守られる権利」「参加する権利」の4つを規定していますが、新潟市の条例は、「安心して生きる権 利」「豊かに生き、育つ権利」「自分らしく生きる権利」「身近なおとなとの受容的な関係をつくる権 利」「社会に参加する権利」の5つにまとめ、それぞれの権利規定では、さらにいくつかの内容の権利 をさだめています。たとえば、「自分らしく生きる権利」では、

  1. 個人として尊重され、他者との違いが認められること
  2. 不平等な扱いを受けないこと
  3. プライバシーが守られること
  4. 自尊心を傷つけられないこと
  5. 可能性を大切にされること
  6. 自由に独りでいたり、仲間といたりすること

 私が注目したのは、「身近なおとなと受容的な関係をつくる権利」です。豊かに生き、成長発達する ためには「身近なおとなと受容的な関係をつくる権利」が保障されなければならないとして、

  1. 自分の思いや願いを自由に表明できること
  2. 自分の思いや願いをありのままに受け止めてもらい、一緒に考え、適切に応えてもらうこと
  3. 理由を知り、納得できるように話をしてもらうこと
  4. 子どもだからという理由で、理不尽な扱いをされないこと

 身近なおとなといえば、保護者であったり、学校の教師たちがまずあげられます。現状では、受容的 な関係は十分にできあがっていないことがたくさんあります。いじめの相談を受けていると、学校との 関係がこじれていて、学校の先生がいじめの事実を認めてくれない、わかってくれないケースがほとん どです。逆にいえば、だからこそ、こうした権利規定が必要なのでしょう。

 近年、学校での取り組みも始まっている、こころとからだの性が一致していないトランスジェンダー の子どもたちの問題も少なくありません。身近なおとなが自分の思いをありのままに受け止めてくれる ならば、もっと苦しまなくてもすんだと思います。

 もともと法律は、あるべき理念や目指す方向を宣言したものだと考えれば、現実はその逆であること を私たちはしっかり認識する必要があります。

 その意味では、この条例の施行を契機に、子どもの権利保障の施策が進展することを期待するととも に、この条例では「体制の構築」にとどまっている「子どもの人権救済の仕組み」が早急に設置され、 地域の多様な諸団体と連携しながら、いじめや虐待、差別などの被害にあっている子どもたちの人権侵害の救済、権利回復がすすむことを願わざるを得ません。

(山本馨)

<新潟市子ども条例>

https://www.city.niigata.lg.jp/smph/kosodate/ninshin/info/kodomo_jourei.html#cms01gaiyou

https://www.city.niigata.lg.jp/kosodate/ninshin/info/kodomo_jourei.files/01_kodomo_jourei.pdf

令和4年度新体制について

2022年度総会後開催された理事会において代表理事に山本馨、副代表理事に瀧澤ミチ子、宮島信一となることが決り、新しく理事になりました、しおたまこ、馬場真由美、堀川叔美の6名により運営されることとなりました。尚監事の2名につきましては重任となりました。

2022年度通常総会のご報告

2022年6月12日、新潟市市民活動センター研修室において通常総会を開催しました。
昨年の定款変更により、本総会は会場出席だけでなくオンライン(ZOOM)による出席も可能となりました。
お陰様で、出席者総数26人(参加者数11人 書面表決者15人)で総会は成立し、
開催されました。
提出された議案は全て承認可決され、会議詳細について次のとおりご報告いたします。

2022年度通常総会
日付:2021年6月12日(日)
開催時間:13:30
司会:瀧澤ミチ子(当会副代表)
議長:宮島信一(当会副代表)
議事録署名人(2名) 馬場真由美さん 廣田房子さん
事業等説明:瀧澤登(当会事務局長)
審議議案内容
 第1号議案 2021年度事業報告並びに活動計算報告、監査報告   ー>原案通り可決
 第2号議案 2022年度事業計画書(案)並びに活動予算書(案)  ー>原案通り可決
 第3号議案 役員改正について(案)  ー>原案通り可決
以上をもって2022年度通常総会全部の審議を終了し、14時15分議長は閉会を宣言し散会した。

2021年度第1回 子どものオンブズにいがた講演会「不登校の子どもたちとの接し方を考える」(オンライン講演)

 全国には不登校を選択した多くの子どもたちがいます。みんな自分らしく生きていきたいとがんばっている子どもたちです。そんな子どもたちと向き合い、支えている西伸之さんから、不登校の子どもたちの現状をお聞きして、未来ある子どもたちが生き生きと生きていける社会にするために私たち大人がどう変わっていったらいいのか、皆さんと考えたいと思います。

講師

西 伸之さん(新潟県子どもの発達と不登校を考える会「アーベルの会」代表)

1957年、新潟市生まれ。金沢大学法文学部法学科卒業後、地元新潟に戻り中学校教員となる。1992年にアーベルの会(新潟県子どもの発達と不登校の会)を発足。当初からこの会の事務局を務め、現在は代表。子どもの教育についての講演なども多数、行っている。新潟大学教育学部非常勤講師。新潟県立新津南高等学校非常勤講師。

日時

2021年11月28日(日)
13:30~15:30(受付13時~)

参加費

無料

定員

会場参加者(10名)・オンライン参加者(20名)

お申し込み

以下をよくお読みになり、いづれかの方法でお申し込みください。
締め切りは11月10日です。

オンライン講演会申し込みについて

【講演形態】オンライン講演会になります。
(1)自宅等からZoomで参加できます。(定員20名先着順)
(2)講演会場の新潟市市民活動センターで、オンライン受講ができます。(定員10名先着順)
・新型コロナウィルス感染状況によっては会場でのオンライン受講ができなくなります。
その場合はご連絡をさしあげます。
・新型コロナウィルス感染拡大防止のため、マスクの着用をお願いします。また体調が悪い場合は参加を控えて頂くようお願いします。
【申し込み】
11月10日(水)までに申し込み願います。

(1)Zoom参加申し込み

①お名前、郵便番号、住所、電話番号を下記までメールしてください。
 事務局 Eメールアドレス:
  info@kodomo-onbuzu.org
②お申込み後5日以内に、事務局より受付完了メールを送ります。
③事務局info@kodomo-onbuzu.orgからのメールを受信できるように設定をお願いします。
④開催日前日までにZoom配信URLを送信いたします。
⑤開催当日の接続などの関するトラブルには対応しかねますので予めご了承ください。

(2)講演会場参加申し込み

①メールで申し込みする場合
・お名前、郵便番号、住所、電話番号を記載し、下記までメールしてください。
 事務局 Eメールアドレス:
  info@kodomo-onbuzu.org
②FAXで申し込みする場合
・下の必要事項を紙に記入して講演会場参加を申し込む旨をお書き添えになり、下記まで送信してください。
 FAX:
  025-525-5453

お名前
住所
電話番号
Eメールアドレス        

※ご記入いただいた個人情報につきましては、個人情報保護法に基づき当会の目的以外に使用いたしません。
※住所につきましては、マンション、アパート名号室まで記載ください、資料送付が必要となった際に活用させていただきます

2021夏休み明けのホットラインを開設します!

いじめや虐待、不登校など子どもの問題をかかえている方に向けて、学校が始まって辛い夏休み明けのこの時期、ホットラインを開設し、ご相談をお受けします。ひとりで悩まずに相談してみませんか!

<こどもオンブズより悩んでいる皆さんへ>

いじめられていることを、人に伝えるのはつらいことかもしれない。
でも悪いのはあなたではなく、加害者たちだ。
だから教えて欲しい、何があったのか?何が起きたのか?
うまく説明できなくてもいい、泣いていてもいい。
必ず、その勇気に報いるサポートをする。
だからちょっとだけ勇気を出して連絡してほしい。

私たちは皆さんと一緒に学校や教育委員会などに出向いて、問題を解決するお手伝いをします。

ホットライン ☎︎025-201-8265

相談受付日時
8月28日(土)、8月29日(日)
両日とも 10時〜16時

来所やメールまたラインでの相談もOKです。