「子どもの命を守るために」 ~指導死の視点から~

子どもの豊かな成長をもたらすはずの学校・教師が、子どもを追いつめ、時として子どもの命を奪うことがあるのをご存じでしょうか?

新潟では、2012年に高田高校生(当時17歳)が部活の顧問の執拗な叱責が要因で命を絶ちました。昨年3月には、福井県池田町の中学生が、担任や副担任の厳しい叱責を苦に自殺しています。いずれも教師の指導が原因で、「指導死」に至った事件です。

今回の講演では、18年前に、中2の次男を「指導死」で亡くした、「指導死親の会」の共同代表を務める大貫隆志さんを講師にお招きし、皆さんと共に、子どもを追いつめ、死に至らしめる教師の指導から、子どもの命をどう守っていくのかを考えたいと思います。


2018年第1回講演会

  • 日時
    2018年9月16日(日)
    13時30分~16時00分(受付 13時00分~)
  • 講師
    大貫隆志さん
    (指導死 親の会 共同代表)
  • 会場
    新潟市総合福祉会館4F(408号室)
    新潟市中央区八千代1-3-1
    電話 025(248)7161
  • 参加費
    500円(会員300円)中、高、大学生無料
  • 主催
    NPO法人子どものオンブズにいがた

『いじめ事件発生とその後の対応についての問題点』 〜誰も救われない学校・教育委員会の対応〜

2017年度第2回講演会

昨年10月に新潟県教育委員会は、2016年度の県内小中高、特別支援校でのいじめ認知件数が9,935件で、前年度の3倍超に大幅に増加したと発表しました。
依然としていじめの被害で苦しむ事態が続いているのですが、2016年11月21日には、県立新潟工業高校1年生が「毎日が生き地獄」と遺書に書き残して、自ら命を絶ちました。生徒は学校に相談していたとのことです。いじめられた生徒は、何が原因で命を絶つまでに追いつめられたのか。学校は、どの様に対応したのか。なぜ、救えなかったのか。
講演会では、ご遺族の佐々木正さんに、わが子を突然にいじめで失った悲しみや悔しさとともに、学校・教育委員会の対応の問題点を語っていただきます。
命を奪っていくいじめをどう防ぐか、いじめられた生徒をどう救済するか、私たち大人に課せられた課題は少なくありません。ご遺族からの問いかけを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

佐々木正さんからのメッセージ

2016年11月21日、突然一人息子が命を自ら絶ってしまいました。息子は遺書を残し、そこからいじめを受けていたことを初めて知りました。…。

学校は事件発生直後、校長が「すべて私の責任です」と発言したにもかかわらず、1年以上経った今も何の処罰もなく、また自らとれる責任すらとらず、遺族に対して不誠実な対応を取り続けています。

全国で依然として多くのいじめの問題・事件が発生し、その対応で多くの子どもたち、その保護者の方たちが傷つけられています。各地で悩み苦しんでいる方々の証言などもお伝えしながら、問題点や解決策などを皆様とご一緒に考えていきたいと思います。

 

開催日時 2018年3月25日(日)午後1時30分から午後4時
(受付 午後1時から)

会 場  新潟市総合福祉会館4F(405号室)
新潟市中央区八千代1−3−1

講師 佐々木正さん

参加費 500円(会員300円) 学生無料

主催 NPO法人子どものオンブズにいがた

「先生は子どもを守らない 」~わが子の命を奪われた学校事故・事件から見えるもの~

6月25日午後1時30分から新潟市総合福祉会館5階(501号室)において

先生は子どもを守らない
~わが子の命を奪われた学校事故・事件から見えるもの~

と題して
全国学校事故・事件を語る会代表  宮脇勝哉さん
を迎えての2017年第1回講演会を開催いたします。

全国各地で起きている学校事故について、元公立学校教員で1999年にご長男を中学校の部活中にに亡くされた宮脇さんを迎えて、今、学校で何が起きているのか、教員は・保護者は何をすればよいのか皆さんと一緒に考えてみませんか。
参加申し込みはいりません、時間がありましたら会場へお越しください。

参加費 500円(会員300円)学生無料

お子様とご一緒でも構いません。

連絡先 事務局長 瀧澤 登
携帯電話 090−5212−1798

追悼集「とどかない命の叫び」の発刊案内

2011年6月3日、県立はまぐみ特別支援学校の3年生女子生徒が修学旅行中に体調を崩し亡くなるという事故が発生しました。この事故後、ご遺族は県・学校側との何回もの検証会議を行ったが死亡原因など誠意ある回答が得られなかったことから、2013年6月3日に提訴し裁判となりましたが、2016年6月に和解されました。

「子どものオンブズにいがた」ではご遺族・支援者の方々の意向を受け、弁護士、支援者の方々協力のもと見出しの追悼集を命日である2017年6月3日に発刊することができました。二度とこのような事故を起きないことを願って、教育関係者の方々、養護教諭など多くの方々に読んでいただきたいと思っています。

販売はしていませんが郵送費を含んだ協力費として500円を振込でいただければお送りさせていただきます。事務局までご連絡ください。

事務局長 瀧澤 登
携帯電話 090−5215−1798


新潟日報の会見記事

毎日新聞の会見記事

https://mainichi.jp/articles/20170607/ddl/k15/040/027000c

2016年度第2回講演会の開催

演題 いじめと探偵~救える命を救え

講師 NPO法人ユース・ガーディアン
代表理事 阿部泰尚さん

開催日 2017年3月19日(日)
13時30分から16時00分
(受付 13時から)

会場 新潟市総合福祉会館 4階 405号室

参加費 一般 500円 会員 300円
学生 無料

2004年に探偵社として初めて子どもの「いじめ調査」を受件し収束、
解決に導き、全国若手議員の研修、小、中学校でのいじめ問題、いじめの
実態と対策などの講演活動を精力的に取り組み活動をされています。

問い合わせ 025−201−8265 携帯 090−5212−1798(瀧澤)

2016年度総会の開催

NPO法人子どものオンブズにいがたでは、2016年度総会を
2016年5月22日 午後1時30分から
新潟市市民活動支援センター研修室
において、開催いたします。
会員各位への案内は近日中に会議資料と共に送信ご案内を
しますので、多数のご出席をお願い致します。

事務局長 瀧澤 登

2015年度第2回講演会の開催ご案内

皆さんインターネット、携帯・スマホ依存って知っていますか?
インターネットがないと生きていけない
携帯・スマホがないと自分の存在がなくなる
「NPO法人子どものオンブズにいがた」では、2015年度第2回講演会を
次のとおり開催いたします、話を聞いて考えて見ませんか。
日 時 2016年2月27日(土) 13時30分から16時 (受付13時00分~)
演 題 子どものスマホ依存とその防止
講 師 遠藤美季さん 「エンジェルズ・アイズ」主宰
会 場 新潟市総合福祉会館 4F (405・406)
新潟市中央区八千代1−3−1
参加費 500円(高校生以下無料)
その他 事前申し込み不要
お父さん、お母さんぜひこの機会にお子さんと一緒にお出かけください、

「陰口はいじめではないのか」と題した、2015年第1回講演会の開催

「子どものオンブズにいがた」では、下記のとおり2015年第一回講演会を開催します。

1 開催日時
2015年6月6日(土)午後2時から午後4時30分
(受付 午後1時30分から)
2 会 場
新潟市総合福祉会館4F(405.406)
新潟市中央区八千代1−3−1
3 講演内容
第一部 陰口はいじめではないのか! ~阿賀野高校生徒自殺事件の調査委
員会報告を問う~
講師 斎藤 裕さん(弁護士 新潟合同法律事務所)
第2部 フリートーキング
4 講演趣旨

2010年6月、当時県立阿賀野高校3年、17歳の女子生徒が自殺した。
新潟県弁護士会の申し入れにより新潟県は調査委員会を設置し、その調査結
果で『陰口はあったが「いじめに該当する」ものではない』と。精神的苦痛
を与える「陰口」はいじめではないのか!、調査報告の問題点について、ご
遺族の代理人である斎藤裕さんに語っていただき、皆さんと共にこの事件や
調査報告について考えます。

5 参加費
500円
6 その他
事前申し込みはいりません、当日会場へご来場ください。
ご不明な点がありましたら、事務局へ電話でご確認ください。
025(201)8265

事務所の移転連絡

「NPO法人子どものオンブズにいがた」では、2015年4月1日から下記のとおり
事務所が移転し、電話番号も変更いたしました。

1 事務所住所
951−8507 新潟市中央区西堀前通6番町894−1
西堀6番館ビル3階
新潟市市民活動支援センター内
2 電話番号
TEL&FAX 025(201)8265
3 相談・連絡について
相談はいつでも気軽に、一人で悩まないで前記電話番号または
090(5212)1798
へご連絡ください、事務局瀧澤が対応させていただきます。

第10回口頭弁論のお知らせ(はまぐみ特別支援学校修学旅行生徒死亡事件裁判)

一昨年6月3日に新潟地裁に提訴した、はまぐみ特別支援学校修学旅行生徒死亡事件裁判の第10回口頭弁論が下記のとおり、開催されます。
今回は、被告・新潟県側が任意提出した、4人の医師による事故原因検証会議の会議録や同行した医師の総括意見書にもとづいて展開した被告側の安全配慮義務違反の主張に対する再反論の準備書面を被告側が提出することになっています。
終了後、ミニ裁判集会を開催しますのでこちらの方もご参加ください。


日 時  2015年2月19日(木) 10:30~
場 所  新潟地方裁判所 第一法廷
新潟市中央区学校町通1番町1
℡ 025-222-4131

連絡先  NPO法人子どものオンブズにいがた
新潟市中央区沼垂西1−7−22
℡&FAX 025-383-6925 携帯:090-5212-1798(瀧澤)
e-mail       kodomo.onbuzu@rose.plala.or.jp

支援金のお願い
NPO法人子どものオンブズにいがたでは、上記裁判について全面支援をしております、皆様の心温まる支援金を募っています。
・ゆうちょ銀行
 ・口座記号・番号 0510−7−50211
 ・加入者名    子どものオンブズにいがた
 ・一口  1、000円(何口でも可)